全てのカードを一つにまとめるアプリ・スマホサイフとは?Tポイントカードも説明!


近年はクレジットカードのみならず、プリペイドカードや共通ポイントカード、または店舗独自のポイントカードなど、様々なカードが発行されているため、普段利用しているサービスや店舗のカードを全て財布に入れると、財布がパンパンになりますし、どこに入れたか分からなくなります。

そんな煩雑になっているカードを一つにまとめてくれるのが「スマホサイフ」です。

スマホサイフとは?

スマホサイフはTポイントを運営しているCCCグループから提供されているアプリであり、ポイントカード、スタンプカード、電子マネー、クレジットカード、キャッシュカードなどをまとめる機能が備わっています。

現在はTカードの他、楽天Edy、QUICPay、モスバーガー、マツモトキヨシ、Right-on、シダックス、一風堂、日比谷花壇、クリスピー・クリーム・ドーナツ、北の家族など18種類のカードが付帯できます。

スマホサイフへの登録方法

スマホサイフの登録は以下の手順で行います。
1.スマホサイフのアプリをインストールします(ios版、Android版ともに対応)。
2.アプリを起動し、「新規会員登録」をタップします。
3.利用規約が表示されるので、確認後「同意する」をタップします。
4.性別や生年月日、電話番号、パスワードを入力します。
5.問い合わせ番号が表示されるので、スクリーンショットで保存するか、番号をメモに控えておきます(スマホを無くした時に必要)。

スマホサイフへのカードの登録方法

1.アプリのトップ画面にある「カード追加」をタップし、表示されているカードの中から登録するカードを選択します。
2.次に、「規約に同意してカードを追加」をタップし、後は手順に沿って進めば登録が完了します。
●Tカードを選択した場合
3.Yahoo!ジャパンIDでのログイン画面に移るので、「ログイン」をタップします。
4.パスワードを入力し、文字認証を終わらせ、再度スマホサイフのパスワードを入力すると、Tカードが登録されます。

なお、登録するカードによっては公式サイトにログインするものがあります。また、登録したカードを利用するにはトップ画面の「マイカード」をタップします。

スマホサイフの機能は?

スマホサイフの機能はおサイフケータイの機能とほとんど違いがありません。例えば、Tカードにおいてはポイントが貯まるだけではなく、ポイントを利用した決済も可能です。

当然、ポイント残高や利用履歴などもアプリから確認できます。なお、利用する時は店舗でカードリーダーにスマホをかざしたり、スマホ画面にバーコードやQRコードを表示して読み取ってもらうだけです。

モバイルTカード対応店舗

ちなみに、モバイル版のTカードに対応している店舗には以下などがあります。

TSUTAYA、蔦屋書店、すかいらーくグループ(ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど)、ファミリーマート、ウエルシア、オートバックスセブン、洋服の青山、カメラのキタムラ、ドラッグユタカ、THE SUIT COMPANYなどです。

スマホサイフのメリットは?

カードを持ち歩かなくても、スマホ一つあれば、ポイントを活用できます。また、カードをまとめられるだけではなく、各カード専用アプリも集約することができます。

さらに、店舗ごとのお得情報や、クーポンなどもまとめてチェックできる上、プッシュ配信設定も可能なことから、情報を漏らす心配が無く、全ての情報を一つのアプリで管理できます。

スマホサイフはまだ新しいアプリであるため、対応カードはそれほど多くありませんが、順調に提携カードが増えているため、利用価値の増加が見込めます。

ただ、Tポイントと競合するポイントカードまで付帯できるかどうかは疑問が残ります。

種類の非常に多いTポイントカードの魅力とは?


近年は共通ポイントと呼ばれるものが何種類もありますが、その中で最も多く利用されているポイントが、会員数6,000万人と言われる「Tポイント」です。

利用価値の高いTポイントですが、そのTポイントを使うための「Tポイントカード」の種類が非常に多くなっており、どれを選べば良いのかよくわからないという声が多くなっています。

Tポイントカードとは?

Tポイントカードはどの店舗で発行しても、またどの店舗で提示しても貯まるTポイントは変わらないため、よく利用する店舗や好みのデザインのカードを所有することで問題ありません。

なお、Tポイントカードは1人で何枚でも所有でき、それぞれのカードで貯まったポイントは1枚のカードに集約できます。

付与されるポイントは200円当り1ポイント(還元率0.5%)か、100円当り1ポイント(還元率1.0%)であり、1ポイント:1円として支払いに充てられます。ポイント有効期限は貯めたり使ったりした時から1年間です。

Tポイントカードの種類

Tポイントカードには以下の種類があります
(1)ポイント利用専用
基本的なTポイントカードはTポインを貯めたり、Tポイントで支払ったりすることに利用されます。Tポイントカードを発行している店舗で『Tポイントカードを下さい』と言えば、その場でカードをもらえます。

デザインは一緒ではなく、各発行店舗のオリジナルデザインになっています。

Tポイントカードの会員登録

会員登録は店舗においてできるカードと(店舗で必要情報を入力)、利用者によるインターネットからの登録を必要とするカードがあります。
1.店舗登録可能Tポイントカード
TSUTAYA・アシックス・スルガ銀行・ウエルシア・ドラッグユタカ・マミーマート・新星堂・眼鏡市場・クイーンズ伊勢丹など

2.要インターネット登録Tポイントカード
ファミリーマート・ENEOS・カメラのキタムラ・牛角・スリーエフ・ドトールコーヒー・エクセルシオールカフェ・マルエツなど

特別なサービスを受けられるTポイントカード

Tポイントカードの中には、店舗独自のサービスを提供しているものがあります。
1.ファミマTカード
ファミリーマートは「ファミマTカード」を発行しており、毎週火曜日と土曜日は「カードの日」として、ポイントが3倍(200円:3ポイント)になるサービスを提供しています。

また、定期的にTポイントカード保有者に対する割引商品を販売していますが、ファミマTカード保有者は一般カード保有者より割引率が高くなっており、さらにファミマTカード専用の割引商品もあります。

また、女性保有者にボーナスポイントが付く(ポイントが2倍)「レディースデー」を設けています。

そして、ファミリーマートには「ファミランク」という制度があり、1ヶ月間の買い物金額に応じてブロンズ・シルバー・ゴールドというランクに分けられ、ランクが上がると翌月のショッピングポイントがアップします。

ファミマTカードはファミリーマート愛用者にとっては価値の高いカードになっています。

ちなみに、ファミマTカードには一般タイプの他にクレジット機能の付いたタイプやデビットカード機能付きのタイプがありますが、どれも割引特典を得られます。

クレジット機能がついたカードは通常のクレジットカードを同じなのでキャッシング機能もついており、お金を借りることも可能です。

なお、カードの日にクレジット機能付きカード、及びデビット機能付きカードで決済すると、ポイントが5倍付与されます。

2.ENEOS
ENEOSガソリンスタンドで発行している「ENEOS Tカード」を利用してENEOSで給油すると、会員価格(1リットル当り2円引き)が適用されます。なお、他のTポイントカードでも会員価格を適用してもらえる場合もあります。

(2)クレジット機能付き
Tポイントカードにはクレジット機能が付帯されているものがあります。取得方法は各カードを発行する公式サイトにアクセスし、登録手続きを行って審査に通れば取得できます。

クレジット機能付きTポイントカードを利用した場合はTポイントとは別に、クレジットカードのポイントも付与されます。

主なクレジット機能付きTポイントカード

・Yahoo! JAPANカード
・ファミマTカード
・マジカルクラブTカードJCB
・Tカードプラス(オリコ、ポケットカード、アプラス、蔦屋など)

上記カードの中で、Yahoo!JAPANカードだけは還元率が1%であり、他のカードの0.5%の2倍になっています。

なお、Yahoo!ショッピングを利用した場合は最低でも3倍のポイントが付与されることから、Yahoo!ショッピングを頻繁に利用する人、Tポイントをメーンで貯めたい人には必須のクレジットカードです。

(3)デビットカード付きTポイントカード
クレジットではなく、利用代金が直接銀行口座から引き落とされるデビットカードの付帯される以下のTポイントカードもあります。自分のお金を使うだけなので当然審査が無く、インターネットから申し込むことでカードを取得できます。
・ファミマTカード(ジャパンネット銀行Visaデビット付キャッシュカード)
Visa加盟店におけるVisaデビット決済で500円に付き1ポイントが付与されます。
・デビットTカードスルガバンク(スルガ銀行VisaデビットTポイント支店)

給与振込にTポイント支店の口座を利用すると毎月50ポイントが付与、定期預金10万円ごとに毎年60ポイントが付与されます。

(4)プリペイドカード付きTポイントカード
事前にチャージした分だけ支払いに充てられるVisaプリペイドカードの付帯されたTポイントカードが「ソフトバンクカード」です。

VISA加盟店で支払いに利用すると、通常のTポイントの他に、1,000円に付き5ポイントが付与されます。

(5)キャラクターデザインのTポイントカード
Tポイントカードには以下などのアイドルやアニメのキャラクターデザインの施されたカードがあります。ただし、発行手数料として500円がかかります。

おそ松くん・機動戦士ガンダム・クレヨンしんちゃん・黒子のバスケ・長澤まさみ・ゆず・ベルサイユのばら・ムーミン・名探偵コナン・LUNA SEA

Tポイントカードを発行している店舗は200件以上もあるため、好みのカードを選べます。Tポイントカードはクレジット機能付きを含め年会費が無料であり、貯まったポイントは買い物の支払いにも使えるので、持っておいて損の無いカードです。

地方銀行のカードローン【佐賀共栄銀行】について


九州佐賀県には第二地銀の佐賀共栄銀行がありますが、全普通銀行の中で最も規模の小さい銀行になっています。佐賀共栄銀行はカードローンを6つも扱っています。

スピード王MAX

利用対象者が幅広く、佐賀県・福岡県・長崎県に居住している人であれば、パート・アルバイト、専業主婦、年金生活者、学生でも申し込めます。

申込はインターネットとFAXの2つの手段で行いますが、10時までに申し込んで、14時までに店舗での契約手続きが終了すると、その日の内にお金を借り入れることができます。

貸出限度額は300万円ですが、パート・アルバイト、専業主婦は50万円まで、年金生活者は20万円まで、学生は10万円までが借入の限度です。

金利は利用限度額200万円未満が14.5%、200万円以上が12.0%になっており、正直なところ、金利的には100万円以上を借りるメリットがありません。約定返済は毎月12日の佐賀共栄銀行口座からの引き落としです。

プレミアム

佐賀共栄銀行の住宅ローンを契約している人、または、給与振込で3ヶ月以上実績のある人だけが利用できます。パート・アルバイトは利用できません。

カードローン限度額は200万円ですが、100万円以上を申込む場合は年収300万円以上が必要です。

金利は一律6.0%と破格の金利になっています。約定返済額は借入残高に関わらず、利用限度額が50万円以下では1万円、50万円超100万円以下では2万円、100万円超200万円以下では3万円になっています。

えびす

貸出限度額の内容はプレミアムと同様です。パート・アルバイト、専業主婦も利用できますが、借入は30万円以内に制限されます。

金利は7.0%、11.5%、14.5%の3種類になっており、審査によって適用金利が決められます。返済方法はプレミアムと変わりません。

教育カードローン

中学校から大学院、予備校、専門学校などに入学予定、または在学している子どもを持つ親権者で、勤続(営業)年数が3年以上、年収が200万円以上の人が対象です。

借入金は教育資金(受験費用、入学金、授業料及び学生生活)にのみ利用できます。

利用限度額は100万円から500万円の間に50万円単位で設定できます。なお、利用限度額の2倍以上の年収が必要です。金利は一律4.8%ですが、佐賀共栄銀行の住宅ローンの利用、給与の振込口座に指定していると各0.5%の金利が割り引かれるため、両方利用していると金利が3.8%に下がります。

約定返済額は借入残高に関わらず、利用限度額100万円は1万5千円、150万円は2万5千円、200万円は3万5千円などとなっています。

【地方銀行】徳島銀行カードローンのスペックは?

徳島銀行カードローン
四国徳島県には第二地銀の徳島銀行があります。徳島銀行はほぼ同じ規模の香川県の第二地銀である香川銀行と経営統合して「トモニホールディングス」という持ち株会社を設立しています。

なお、徳島銀行は3つのカードローンを販売しています。

SaSaっとカードローン

利用条件は徳島銀行の営業エリア内に在住か勤務していることであり、専業主婦でも利用できます。貸出限度額は500万円ですが、パート・アルバイト、専業主婦は50万円に制限されます。

金利は利用限度額100万円までが11.5%、110万円~300万円以下が9.5%、310万円~500万円が7.5%になっており、借入額が200万円までは都市銀行カードローンより数段お得です。

なお、利用限度額が300万円を超える場合は年収証明書の提出が必要です。

約定返済は毎月18日の徳島銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が30万円以下で5千円、30万円超50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で1万5千円、100万円超150万円以下で2万円などとなっています。

カードローンサポート

利用条件、貸出限度額、借入上限額など、「SaSaっとカードローン」と変わりません。金利は利用限度額200万円までが14.5%、210万円~490万円までが11.8%、500万円が4.8%になっており、500万円でも借り入れない限り、「SaSaっとカードローン」の方が絶対にお得です。

約定返済は毎月5日の徳島銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で1万5千円、100万円超150万円以下で2万5千円などとなっており、返済においても「SaSaっとカードローン」の方が約定返済額の低い分、返済し安くなっています。

従って、「カードローンサポート」より、「SaSaっとカードローン」を利用した方が賢明です。あくまで銀行カードローンの審査になりますので、プロミス審査の様にそこまで簡単に借りることはできないと思っておいた方が良いでしょう。

地方銀行の場合は、申込エリアが限られており、全国対応になっていないことから、地元の人しか申込めず、しかも利便性があまり良くないことがデメリットになっています。

カードローンパートナー

利用条件は徳島銀行と1年以上の取引のあることです。利用限度額は30万円・50万円・100万円・200万円の4コースになっていますが、専業主婦は50万円コースまでに限定されます。

なお、100万円コースは年収200万円以上、200万円コースは年収300万円以上が必要です。

金利は返済方法における「随時返済型(利用者が任意の日に任意の金額を返済)」と「定額返済型(毎月18日に1万円、200万円コースは2万円を返済)」では異なっています。

随時返済型では30万円・50万円コースが12.0%、100万円コースが11.7%、200万円コースが11.5%です。一方、定額返済型では30万円コースが11.0%、50万円コースが10.0%、100万円コースが9.5%、200万円コースが9.3%です。

中小の消費者金融・エフォートコーポレーションとは?

消費者金融が多いのは東京や大阪だけではなく、九州の福岡県にも数多くの消費者金融があります。その一つが福岡市の博多に拠点を置く「エフォートコーポレーション」です。

ちなみに、同じ博多駅のそばにある消費者金融のスカイオフィスとは同系列と思われます。ホームページのデザインからキャッシングの方法やスペック、申込用フォームまで全く同じです。

エフォートコーポレーションの魅力は審査時間の速さにあり、最短で30分で終了します。

従って、銀行の営業時間に間に合うように14時までに申し込むと審査に時間のかかるような内容でない限り、当日の内に借入金を銀行口座に振り込んでもらえます。

申込の入力項目が少ないのが魅力的!

しかも、インターネットから申し込めるため、店舗に行く手間も要りません。申込フォームの入力項目も名前の他には生年月日や住所、電話番号、勤務先の名前や電話番号、給与、現在の借入状況などになっており、大手消費者金融の入力項目数に比べると非常に少ないため、数分で終わります。

ちなみに、カードローンというのは契約書の作成手続きが終わらないと貸出が行われませんが、エフォートコーポレーションでは契約書の作成処理が融資の後になっており、それも貸出が早くなっている理由です。

ところで、エフォートコーポレーションのホームページのトップには『エフォートコーポレーションは他社で断られた方でも柔軟に対応します』との文言が表記されており、債務整理や延滞履歴のある人、申込ブラックや総量規制に引っ掛かっている人でも申込を受け付けています。

ただ、誰しも返済能力に問題が無ければ名の知れた大手の業者に借入を申込むものであり、その業者の審査に通らないということは返済能力に疑問符をつけられた人であるため、エフォートコーポレーションにおいても、誰でもが審査に通るというわけではありません。

それでも、「ブラック」の人に対して5~10万円程度の少額ではありますが、貸出をしてもらえるということは「有難い」業者であることに違いはありません。

エフォートコーポレーションのスペック紹介

エフォートコーポレーションのキャッシングのスペックは以下になっています。

  • 申込方法はインターネット(申込フォーム)のみになります。なお、インターネットであるため、24時間いつでも申込が可能です。
  • 貸出限度額は50万円です。少額の貸出に徹底していることが審査を早く終え、即日の融資を可能にしている要因でもあります。
  • 金利は15~20%と一般的です。ただ、貸出限度額が50万円なので、15%に設定されるケースは滅多にありません。
  • 返済方式は一括返済か、元金と利息を足した返済額を一定にする元利均等方式(最長60回)です。返済方法は指定口座への振込になります。