全てのカードを一つにまとめるアプリ・スマホサイフとは?Tポイントカードも説明!


近年はクレジットカードのみならず、プリペイドカードや共通ポイントカード、または店舗独自のポイントカードなど、様々なカードが発行されているため、普段利用しているサービスや店舗のカードを全て財布に入れると、財布がパンパンになりますし、どこに入れたか分からなくなります。

そんな煩雑になっているカードを一つにまとめてくれるのが「スマホサイフ」です。

スマホサイフとは?

スマホサイフはTポイントを運営しているCCCグループから提供されているアプリであり、ポイントカード、スタンプカード、電子マネー、クレジットカード、キャッシュカードなどをまとめる機能が備わっています。

現在はTカードの他、楽天Edy、QUICPay、モスバーガー、マツモトキヨシ、Right-on、シダックス、一風堂、日比谷花壇、クリスピー・クリーム・ドーナツ、北の家族など18種類のカードが付帯できます。

スマホサイフへの登録方法

スマホサイフの登録は以下の手順で行います。
1.スマホサイフのアプリをインストールします(ios版、Android版ともに対応)。
2.アプリを起動し、「新規会員登録」をタップします。
3.利用規約が表示されるので、確認後「同意する」をタップします。
4.性別や生年月日、電話番号、パスワードを入力します。
5.問い合わせ番号が表示されるので、スクリーンショットで保存するか、番号をメモに控えておきます(スマホを無くした時に必要)。

スマホサイフへのカードの登録方法

1.アプリのトップ画面にある「カード追加」をタップし、表示されているカードの中から登録するカードを選択します。
2.次に、「規約に同意してカードを追加」をタップし、後は手順に沿って進めば登録が完了します。
●Tカードを選択した場合
3.Yahoo!ジャパンIDでのログイン画面に移るので、「ログイン」をタップします。
4.パスワードを入力し、文字認証を終わらせ、再度スマホサイフのパスワードを入力すると、Tカードが登録されます。

なお、登録するカードによっては公式サイトにログインするものがあります。また、登録したカードを利用するにはトップ画面の「マイカード」をタップします。

スマホサイフの機能は?

スマホサイフの機能はおサイフケータイの機能とほとんど違いがありません。例えば、Tカードにおいてはポイントが貯まるだけではなく、ポイントを利用した決済も可能です。

当然、ポイント残高や利用履歴などもアプリから確認できます。なお、利用する時は店舗でカードリーダーにスマホをかざしたり、スマホ画面にバーコードやQRコードを表示して読み取ってもらうだけです。

モバイルTカード対応店舗

ちなみに、モバイル版のTカードに対応している店舗には以下などがあります。

TSUTAYA、蔦屋書店、すかいらーくグループ(ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど)、ファミリーマート、ウエルシア、オートバックスセブン、洋服の青山、カメラのキタムラ、ドラッグユタカ、THE SUIT COMPANYなどです。

スマホサイフのメリットは?

カードを持ち歩かなくても、スマホ一つあれば、ポイントを活用できます。また、カードをまとめられるだけではなく、各カード専用アプリも集約することができます。

さらに、店舗ごとのお得情報や、クーポンなどもまとめてチェックできる上、プッシュ配信設定も可能なことから、情報を漏らす心配が無く、全ての情報を一つのアプリで管理できます。

スマホサイフはまだ新しいアプリであるため、対応カードはそれほど多くありませんが、順調に提携カードが増えているため、利用価値の増加が見込めます。

ただ、Tポイントと競合するポイントカードまで付帯できるかどうかは疑問が残ります。

種類の非常に多いTポイントカードの魅力とは?


近年は共通ポイントと呼ばれるものが何種類もありますが、その中で最も多く利用されているポイントが、会員数6,000万人と言われる「Tポイント」です。

利用価値の高いTポイントですが、そのTポイントを使うための「Tポイントカード」の種類が非常に多くなっており、どれを選べば良いのかよくわからないという声が多くなっています。

Tポイントカードとは?

Tポイントカードはどの店舗で発行しても、またどの店舗で提示しても貯まるTポイントは変わらないため、よく利用する店舗や好みのデザインのカードを所有することで問題ありません。

なお、Tポイントカードは1人で何枚でも所有でき、それぞれのカードで貯まったポイントは1枚のカードに集約できます。

付与されるポイントは200円当り1ポイント(還元率0.5%)か、100円当り1ポイント(還元率1.0%)であり、1ポイント:1円として支払いに充てられます。ポイント有効期限は貯めたり使ったりした時から1年間です。

Tポイントカードの種類

Tポイントカードには以下の種類があります
(1)ポイント利用専用
基本的なTポイントカードはTポインを貯めたり、Tポイントで支払ったりすることに利用されます。Tポイントカードを発行している店舗で『Tポイントカードを下さい』と言えば、その場でカードをもらえます。

デザインは一緒ではなく、各発行店舗のオリジナルデザインになっています。

Tポイントカードの会員登録

会員登録は店舗においてできるカードと(店舗で必要情報を入力)、利用者によるインターネットからの登録を必要とするカードがあります。
1.店舗登録可能Tポイントカード
TSUTAYA・アシックス・スルガ銀行・ウエルシア・ドラッグユタカ・マミーマート・新星堂・眼鏡市場・クイーンズ伊勢丹など

2.要インターネット登録Tポイントカード
ファミリーマート・ENEOS・カメラのキタムラ・牛角・スリーエフ・ドトールコーヒー・エクセルシオールカフェ・マルエツなど

特別なサービスを受けられるTポイントカード

Tポイントカードの中には、店舗独自のサービスを提供しているものがあります。
1.ファミマTカード
ファミリーマートは「ファミマTカード」を発行しており、毎週火曜日と土曜日は「カードの日」として、ポイントが3倍(200円:3ポイント)になるサービスを提供しています。

また、定期的にTポイントカード保有者に対する割引商品を販売していますが、ファミマTカード保有者は一般カード保有者より割引率が高くなっており、さらにファミマTカード専用の割引商品もあります。

また、女性保有者にボーナスポイントが付く(ポイントが2倍)「レディースデー」を設けています。

そして、ファミリーマートには「ファミランク」という制度があり、1ヶ月間の買い物金額に応じてブロンズ・シルバー・ゴールドというランクに分けられ、ランクが上がると翌月のショッピングポイントがアップします。

ファミマTカードはファミリーマート愛用者にとっては価値の高いカードになっています。

ちなみに、ファミマTカードには一般タイプの他にクレジット機能の付いたタイプやデビットカード機能付きのタイプがありますが、どれも割引特典を得られます。

クレジット機能がついたカードは通常のクレジットカードを同じなのでキャッシング機能もついており、お金を借りることも可能です。

なお、カードの日にクレジット機能付きカード、及びデビット機能付きカードで決済すると、ポイントが5倍付与されます。

2.ENEOS
ENEOSガソリンスタンドで発行している「ENEOS Tカード」を利用してENEOSで給油すると、会員価格(1リットル当り2円引き)が適用されます。なお、他のTポイントカードでも会員価格を適用してもらえる場合もあります。

(2)クレジット機能付き
Tポイントカードにはクレジット機能が付帯されているものがあります。取得方法は各カードを発行する公式サイトにアクセスし、登録手続きを行って審査に通れば取得できます。

クレジット機能付きTポイントカードを利用した場合はTポイントとは別に、クレジットカードのポイントも付与されます。

主なクレジット機能付きTポイントカード

・Yahoo! JAPANカード
・ファミマTカード
・マジカルクラブTカードJCB
・Tカードプラス(オリコ、ポケットカード、アプラス、蔦屋など)

上記カードの中で、Yahoo!JAPANカードだけは還元率が1%であり、他のカードの0.5%の2倍になっています。

なお、Yahoo!ショッピングを利用した場合は最低でも3倍のポイントが付与されることから、Yahoo!ショッピングを頻繁に利用する人、Tポイントをメーンで貯めたい人には必須のクレジットカードです。

(3)デビットカード付きTポイントカード
クレジットではなく、利用代金が直接銀行口座から引き落とされるデビットカードの付帯される以下のTポイントカードもあります。自分のお金を使うだけなので当然審査が無く、インターネットから申し込むことでカードを取得できます。
・ファミマTカード(ジャパンネット銀行Visaデビット付キャッシュカード)
Visa加盟店におけるVisaデビット決済で500円に付き1ポイントが付与されます。
・デビットTカードスルガバンク(スルガ銀行VisaデビットTポイント支店)

給与振込にTポイント支店の口座を利用すると毎月50ポイントが付与、定期預金10万円ごとに毎年60ポイントが付与されます。

(4)プリペイドカード付きTポイントカード
事前にチャージした分だけ支払いに充てられるVisaプリペイドカードの付帯されたTポイントカードが「ソフトバンクカード」です。

VISA加盟店で支払いに利用すると、通常のTポイントの他に、1,000円に付き5ポイントが付与されます。

(5)キャラクターデザインのTポイントカード
Tポイントカードには以下などのアイドルやアニメのキャラクターデザインの施されたカードがあります。ただし、発行手数料として500円がかかります。

おそ松くん・機動戦士ガンダム・クレヨンしんちゃん・黒子のバスケ・長澤まさみ・ゆず・ベルサイユのばら・ムーミン・名探偵コナン・LUNA SEA

Tポイントカードを発行している店舗は200件以上もあるため、好みのカードを選べます。Tポイントカードはクレジット機能付きを含め年会費が無料であり、貯まったポイントは買い物の支払いにも使えるので、持っておいて損の無いカードです。